FANDOM


なぜルールがあるのか?

あなたは、ルールを行使してもすべて失敗すると、ール無しでテーブルトークRPGを楽しみたいかもしれません。そしていつも成功しているときはルールに添って楽しみたがっていませんか?

泥警のことを考えてください。遊んでいる子供たちの中からひとりが年長で、「仕切っている」と見られています。プレイの途中まで彼は警察は良い男であり、 (悪人として) 泥棒を殺せるようにすべきだと考えていました。そして彼は、泥棒が撃たれたときは常に転倒して遊びを中断しなければならないことに決めました。これはすべての泥棒が地に伏せる結果になりました。泥棒にとっては、このようなことは非常につまらないシチュエーションです。

テーブルトークRPGとは、紙とペンとサイコロだけでプレイするロールプレイングゲームのこと。テーブルトークRPGという名称は日本国内で作られた和製英語である。海外では Tabletop role-playing game、あるいはPen & Paper RPG や単にRole-playing gameRPG と呼ばれる。そのため海外では「ロールプレイングゲーム」といえば、コンピューター向けRPGではなく、このテーブルトークRPGのことを指す。テーブルトークRPGは伝統的には、5人 (4人のプレイヤーゲームマスター) 程度の人数でテーブルを囲って、紙とペンとサイコロを使ってプレイするゲームである。テーブルトークRPGには、世界観やキャラクター作成の情報などを詳述したルールブックがある。テーブルトークRPGではキャラクターは、与えられた任務をどれくらい成功させられるかを定義している数値がある。

ビデオゲームでは、ロールプレイングゲームのジャンルでテーブルトークRPGと混同していることがある。テーブルトークRPGはほとんどがボードゲームであり、コンピュータは (伝統的には) 使われることがなかった。ビデオゲームのジャンルは古いテーブルトークRPGが由来ではない。しかしテーブルトークRPGはビデオゲームよりも制限事項が少ない。そのためバラエティ豊かな幅広い特徴を持ったキャラクターを定義できる。ビデオゲームに共通しているクラスベースのシステムはダンジョンズ&ドラゴンズが由来である。ガープスは別の (CPベースの) システムを利用している。

ガープスは幅広いバラエティ豊かなキャラクターとセッティングをサポートするようにデザインされている。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。